_kkp9891.jpg _kkp0027.jpg _kkp9865.jpg _kkp9956.jpg _kkp9762.jpg

次回たびするシューレは、10月26日大分市にて開催予定

大分の地域を巡り学ぶ、文化と人をつなぐ学校

たびするシューレ

シューレとは、ドイツ語で、学派、学校を意味します。
「たびするシューレ」は、前大分県立美術館 館長 新見隆氏と大分を巡りながら、街の人と出会い、様々な職種を超えた地域人を招き、各地の地域文化の本質に迫る講座&トークイベントです。各地の地域人と学び語る場を作ることで県内各地の人々を刺激し、本質に迫る学校とはちょっと違った学びの場です。

 

大分県立美術館 前館長 新見 隆

 
新見 隆 Ryu NIIMI
1958年 広島県生まれ
慶應義塾大学文学部フランス文学科卒業
82年から99年まで、西武美術館・セゾン美術館に勤務
99年から、武蔵野美術大学芸術文化学科教授
イサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問
慶應義塾大学アート・センター訪問所員
アート・ビオトープ那須、二期リゾート文化顧問
2013年から、公益財団法人大分県芸術文化スポーツ振興財団理事兼美術館長

たびするシューレ第9回  10月26日土曜日

第9回のたびするシューレは、大分県大分市で開催します。
テーマ
歌人 川野里子(竹田出身)を迎えて-現代社会の悩みを生きる言葉-


参加費:1,500円 (ワンドリンク付き コーヒー or ビール)
時間:18:30~20:00 (18:00 開場)
会場:大分県 大分市 大分県大分市府内町2-2-1 タウトナコーヒー 赤レンガ店
http://tautona-coffee.com/

\リストランテ クインディッチ玉井シェフの料理を楽しめる懇親会開催決定!!/ 
懇親会参加費:2,500円(玉井シェフによる軽食、乾杯ドリンク付き、2杯目以降キャッシュオン)
時間:20:30~21:30

会場:リストランテ クインディッチ
https://www.opa-club.com/oita

 


【プログラム】
新見隆レクチャー
トークゲスト:歌人 川野里子
ファシリテーター:ブンボ株式会社 江副 直樹
インタビュワー:カモシカ書店 岩尾 晋作、西田 稔彦

歌人 川野 里子
経歴
大分県竹田市生まれ。京都女子大学短期大学部卒業、千葉大学大学院文学研究科修士課程修了。
23歳で短歌を始め、馬場あき子に師事。歌誌「かりん」編集委員。
讀賣新聞(西部版)選者、日本農業新聞選者、毎日新聞房総文園選者。立正大学、放送大学非常勤
講師。2008年度、2009年度NHK教育「NHK短歌」選者。
賞歴
2003年、歌集『太陽の壷』で第13回河野愛子賞
2009年、『幻想の重量 葛原妙子の戦後短歌』で第6回葛原妙子賞
2010年、『王者の道』で第15回若山牧水賞
2018年、『硝子の島』で第10回小野市詩歌文学賞
2019年、「Place to be」で第55回短歌研究賞
著書
五月の王 歌集 雁書館 1990.10 (かりん叢書)
青鯨の日 歌集 砂子屋書房 1997.9 (かりん叢書)
太陽の壺 歌集 砂子屋書房 2002.12 (かりん叢書)
未知の言葉であるために 砂子屋書房 2002.4
幻想の重量 葛原妙子の戦後短歌 本阿弥書店 2009.6
王者の道 歌集 角川書店 2010.8 (かりん叢書)
七十年の孤独 戦後短歌からの問い 書肆侃侃房 2015.9
歌集 硝子の島 短歌研究社 2017.11
歓待 川野里子歌集 砂子屋書房 2019.4
葛原妙子 コレクション日本歌人選070 笠間書院 2019.7

ファシリテーター:ブンボ株式会社 江副 直樹、インタビュワー:カモシカ書店 岩尾 晋作、西田 稔彦  撮影:川嶋克己

岩尾晋作 カモシカ書店店主 
大分出身、高校卒業後上京。都内の映画館・大手書店に勤務したのち、渡印。志を果たしに故郷に帰ってきた。2014年地元大分にてカモシカ書店をオープン。シューレでは、初回からゲストへのインタビュアーを務める。

西田稔彦 株式会社地域科学研究所
本業では「公共不動産ディレクターとして、自治体をクライアントに、地域経営、公共不動産活用、ICT システム開発を担当。週末は、大分市と竹田を行き来する2拠点暮らし。たびするシューレの言い出しっぺの一人として企画運営に携わる。

江副直樹 ブンボ株式会社代表
事業プロデューサー、クリエイティブディレクター、コピーライター。福岡デザイン専門学校 特任講師。大阪芸術大学デザイン科 客員教授。12年間の福岡県朝倉郡東峰村暮らしを経て、大分県日田市在住。シューレ、企画補助。

川嶋克 川嶋克編集室
株式会社TONE Chikuski**編集部、日田市観光協会、ブンボ株式会社の見習いディレクターを経て、「川嶋克編集室」開室。ディレクター/カメラ係として幅広い分野でのんびり活動中。日田の暮らしは5年目。シューレでは撮影を担当。

たびするシューレアーカイブ

編集中
会場:大分県 別府市 バサラハウス
ゲスト:別府市長 長野恭紘
UPしました!
会場:大分県竹田市ゲストハウスCUE
ゲスト:書家 草刈 淳
編集中
会場:大分県佐伯市COFEE5
ゲスト:佐伯市長田中利明
編集中
会場:大分県 臼杵市 gallerySARAYAMA
ゲスト:オランダ大使館 Bas Valckx
編集中
会場:大分県大分市カモシカ書店
ゲスト:ダンサー 穴井 豪
編集中
会場:大分県 大分市 Briddge
ゲスト:大分市長 佐藤 樹一郎
UPしました!
会場:大分県 大分市 サリーガーデン
ゲスト:シネマ5支配人 田井 肇
UPしました!
会場:大分県 別府市 バサラハウス
ゲスト:別府市長 長野恭紘

シューレの終わった後に、大分県立美術館新見館長や、カモシカ書店岩尾さん、そのほか参加者によるシューレの後、感じたことを文章にまとめた寄稿を掲載しています。これから、参加者した方々にも寄稿していただき、掲載する広場にしていきます。>>>たびするシューレ報告記